PR

シラザン50 ダイヤモンド200とは?! ベースグレードやダイヤモンドプラスとの違いと特徴を解説

5.0
Car Custom
本ページはプロモーションが含まれています

日本ライティングが販売するコーティング類の中でダントツの効果を誇るのがシラザン50ダイヤモンド200です。

ダイヤモンド200はダイヤモンドプラスの重ね塗りバージョン。その効果はEXキーパーよりも確実に上です。

私の車のEXキーパーを剥がして施工しましたが、ほぼ2日かがり(半日ずつ)でした。

ダイヤモンド200はこの撥水力を得ることが可能。フリー素材ではありません。もちろん皮膜の質が同じダイヤモンドプラスでも得ることが可能です。

シラザン50やダイヤモンドプラスとの違いは2点。

  • 被膜数
  • 被膜密度(ダイヤモンドプラスとダイヤモンド200は同じ)

私も施工しましたが、施工時からの異常な艶、撥水は全く落ちません。

ダイヤモンドプラスダイヤモンドプラス2度塗りダイヤモンド200
1層目A+B液A+B液A+B液
2層目C+D液C+D液C+D液
3層目トップコートA+B液(トップコート剥がす)E+F液
4層目C+D液G+H液
5層目トップコートトップコート
値段(Mサイズ)55000円110000円77000円
ダイヤモンドプラス2度塗りとの違いは3,4層目。C+D液の層により定着しやすくなっています。トップコートの上には定着しないため、剥がす必要がある。

ここまでやるのであればダイヤモンドプラスよりもダイヤモンド200の方がおすすめ。

皮膜の厚みはセラミックコーティングにも迫ります。

主成分皮膜厚み(μm)値段(円)
ポリシラザン(1層)0.38800
セラミック(3層)1.8300000
ダイヤモンド200(5層)1.777000
コーティングの最高峰・セラミックコーティングに匹敵する皮膜厚みと考えています。(推測値)

私はダイヤモンド200(ダイヤモンドプラス重ね塗りバージョン)を施工しています。

ご質問や施工のアドバイスなど承ります。

セール情報があれば記載します。もしセールなら悩んでる方はお早めに。次はいつセールになるかわかりません。

日本ライティングLEDストアZweb
¥77,000 (2024/06/03 22:44時点 | 楽天市場調べ)

購入には確実に公式を利用しましょう。

ダイヤモンドシリーズの保管は冷蔵で1年以内の条件があるため、倉庫保管のアマゾンはお勧めできません

公式ではAmazonペイを利用できるので、支払いにAmazonポイントやアマギフを利用することが可能

シラザン50シリーズの購入は基本公式をおすすめします。倉庫保管のアマゾンでは十分な効果を発揮しない可能性もあるため。

シラザン50ダイヤモンド200の特徴

ついにきました。ゼウスクリア公式はこちら。

シラザン50 ダイヤモンド200とは、ダイヤモンドプラスの2度塗りバージョンです。

筆者は以前よりシラザン50に最適なトップコートはシラザン50であること、撥水復活剤を使うよりシラザン50で上塗りした方が良いことを提唱してきました。

このシラザン200の登場によって、シラザン上塗り最適論が証明されました。

その最大の特徴は脅威の5層コーティング

基本特性はシラザン50 ダイヤモンドプラスと同等ですが、被膜の厚みが2倍と考えてください。

脅威の5層コーティング

ゼウスクリア公式より

最大の特徴はコーティング被膜が5層になっていることです。

この様に多層化することで、ポリシラザンコーティングの特性である皮膜の薄さをカバーすることができます。

主成分皮膜厚み(μm)値段(円)
ポリシラザン(1層)0.38800
セラミック(3層)1.8300000
ダイヤモンド200(5層)1.577000
コーティングの最高峰・セラミックコーティングに匹敵する皮膜厚みと考えています。(推測値)

セラミックとポリシラザンの主成分はSiO2(ガラス)です。

  • セラミックは多層化がしやすい
  • ポリシラザンは多層化がしにくい

上記の違いがあります。

この5層化になったダイヤモンド200ほどコスパに優れるコーティングはありません。

日本ライティングLEDストアZweb
¥77,000 (2024/06/03 22:44時点 | 楽天市場調べ)

ダイヤモンドプラスの弱点を克服したモデル

ダイヤモンド200の撥水力です。直射日光が当たりやすく、撥水効果の落ちやすいボンネット。施工後3ヶ月の写真です。

施工時の水濡れ、、、というシラザン50全般的な弱点はありますが、、、

ダイヤモンドプラスの弱点は多層化できないという点。

  • ポリシラザンは多層化がしにくい
  • ダイヤモンドプラスの上にはシラザン50系統は定着しない

この2つの側面があります。1つめは先ほど説明しましたので、、

ダイヤモンドプラスの専用トップコートの上にはシラザン50などが定着できません

トップコートをイオンデポジット剤で剥がせば上塗り可能です。

ですので、耐久性を底上げできない点が弱点です。

正直、ダイヤモンドプラスの耐久性をさらに底上げする必要はあるのかと疑問ですが、無いよりは良いですよね。

日本ライティングLEDストアZweb
¥77,000 (2024/06/03 22:44時点 | 楽天市場調べ)

ダイヤモンド200 正直買うべきなのか?

買う理由が値段ならやめろ、買わない理由が値段なら買えという格言を思い出しましょう。

車にコーティングは必須。それこそ本当に効果のあるコーティング剤を施工しなければ無意味です。

とはいえ、シラザン50ダイヤモンド200は以下の方でなければ必要ないでしょう。

  • 相当の車好き
  • 店舗施工のコーティングを検討していた
  • 最強こそ至高

このどれかに当てはまった方に

おすすめのコーティング剤は?と聞かれたら、ダイヤモンド200と答えます。

やりすぎくらいがちょうどいい。

日本ライティングLEDストアZweb
¥77,000 (2024/06/03 22:44時点 | 楽天市場調べ)

ダイヤモンド200 メンテナンスについて

メンテナンスは専用のメンテナンス剤を利用します。

専用メンテナンス剤を利用することで、トップコートの保護が可能です。

メンテナンス剤はトップコートとは別成分で、トップコートの犠牲皮膜的な扱いです。

使用方法は洗車〜拭き上げ後、クロスにスプレーしてボディに塗布します。

半年〜1年ほどのスパンで施工しましょう。容量は2回分ほどあり、冷暗所で保管しましょう。

ダイヤモンドプラス単体の2度塗りと何が違う?

単体のダイヤモンドプラスを2度塗りする。

これと何が違うのでしょうか。

  • トップコートの上にダイヤモンドプラスは定着しない
  • 定着しやすいように成分を若干変えている

主にこの2つです。

少々小難しい化学の話が入りますが、なるべく簡単に解説しましょう。

2度塗りの場合トップコートは剥がす必要がある

ダイヤモンドプラス単体の場合、コーティング2層+トップコートを施工します。

トップコートがあると、シラザンは定着しません

ゼウスクリア公式に問い合わせた結果

もし単体を2度塗りする必要がある際は、イオンデポジット剤で剥がす必要があります。

このトップコート、化学的には有機性を示すため、シラザン50の定着層である無機ポリシラザンと化学的に相性が悪いそうです。

そのため、シラザン200でもトップコートは1層になっているのです

一般的なコーティング剤をすでに施工している場合も、トップコート層は剥がす必要があるため、イオンデポジット剤の使用が推奨されています。

もちろん、ダイヤモンドプラスには同封されています。

複数層で成分を分けている

シラザン50 ダイヤモンド200はダイヤモンドプラス×2というわけではありません。

1層目+2層目、3層目+4層目、トップコート5層目という順で施工します。

ダイヤモンドプラスダイヤモンドプラス2度塗りダイヤモンド200
1層目A+B液A+B液A+B液
2層目C+D液C+D液C+D液
3層目トップコートA+B液(トップコート剥がす)E+F液
4層目C+D液G+H液
5層目トップコートトップコート
値段(Mサイズ)55000円110000円77000円
ダイヤモンドプラス2度塗りとの違いは3,4層目。C+D液の層により定着しやすくなっています。トップコートの上には定着しないため、剥がす必要がある。

2層目と3層目がダイヤモンドプラス同士の重ね合わせ層になるのですが、ここの層の成分が定着しやすいように若干変わっているとのこと

ですので、シラザン50 ダイヤモンド200を購入し、2台の車にダイヤモンドプラスをそれぞれ施工することはできません。

この特徴はシラザン50重ね合わせキットと同様ですね。

日本ライティングLEDストアZweb
¥77,000 (2024/06/03 22:44時点 | 楽天市場調べ)

シラザン50 ダイヤモンド200のデメリット・弱点はあるのか?

いくらシラザン200といえど、根本的な弱点が1つあります。

それは施工中の水濡れで失敗する

どのコーティング剤も同様ですが、シラザン200はバカ高いコーティング剤です。

さすがに、失敗してもいいという富豪は少ないと思います。

内容物にはタオルが12枚詰め込まれていますので、リッチに「ちょっと濡れたら変える」くらいの勢いでいきましょう。

シラザン200 撥水力は違うのか?

ゼウスクリア公式より

シラザン200の撥水力はシラザン50 ダイヤモンドプラスと変わりません

シラザン200はダイヤモンドプラスの2重施工のため、撥水力ではダイヤモンドプラスと変わりません。

どちらかというと、耐久性を意識した商品ですね。

そして、シラザン50でさえ十分な撥水力です。ブロワで水滴を吹き飛ばせば、洗車後の拭き上げはほぼ必要ありません。

被膜密度が異常なほど高められたダイヤモンドプラスでは、水滴さえコーティングの被膜粒子の隙間に引っかかることはほぼできない。

ダイヤモンドプラスやシラザン200は洗車の拭き上げはほぼほぼ必要ないと言えるでしょう

シラザ50 ダイヤモンド200 違いはツヤと耐久性

値段も値段ですし、コイツに施工は多いにアリ、、、。

やはり層が分厚いため、ツヤと耐久性はやはり違います。

ノーマルのシラザン50でさえ施工前後でツヤが違うのを視認できるくらいです。

ダイヤモンドプラスが2重のシラザン200では尚更でしょう。

また、耐久性は単純に倍と考えてしまいましょう。(厳密には倍ではないが、、、)

高撥水、深いツヤを誇る期間が延長されるだけでも嬉しいことですね。

ダイヤモンド200 トップコートは可能なのか?

ダイヤモンド200専用トップコートがありますが、

こんな高いコーティング剤なんだから、もっと上に重ねたい場合もありますよね。

トップコート施工しなければシラザン50などでさらに重ね塗りが可能

これがこのコーティングの醍醐味でシラザン無限への第一歩となります。

もちろんシラザン50の上に、ダイヤモンド200のトップコートは施工可能です。(私はこれでいきました。)

日本ライティングLEDストアZweb
¥15,800 (2024/06/01 21:29時点 | 楽天市場調べ)

ダイヤモンド200の施工時間は?

イオンデポジット剤に手こずったので、2日に分けて施工しました。

シラザン50の1層分で施工は30分程度です。

シラザン50ダイヤモンド200は5層あるので単純に5倍。

施工だけで2時間半程度を覚悟しましょう。

洗車込みのコミコミでは8時間半かかります。

工程時間
洗車15分
イオンデポジット剤30分
洗車30分
拭き上げ(徹底的に)30分
脱脂15分
1層目30分
2層目30分
3層目30分
4層目30分
乾燥2時間
5層目30分
乾燥2時間
トータル8時間 30分
おおよそで計算してますが、超絶時間かかりますね、、、

このブログでいつも言ってるように、施工は1日晴れの日、朝からやりましょう

私の場合はシラザン50+ダイヤモンド200のため、2日に分けて行いました。

ダイヤモンド200を少しでもお得に買うには

少しでもお得に買うためには以下の2点に注意しましょう。

  • 公式でのセール時を狙う(頻度が公式が1番多い)
  • 公式でアマゾンペイを使う

公式では稀にセールを開催しています。そのタイミングで購入できればベスト。

また、公式ではアマゾンポイントを支払に充てることができるため、1番お得に買うことができます。

まとめ

シラザン50 ダイヤモンド200について情報をまとめました。

ダイヤモンドプラス自体、ほぼ地上最強と言っていいほど強力な撥水と艶を持つコーティング剤。

そのダイヤモンドプラスのトップコートとしてダイヤモンドプラスを使用してやればまさしく最強・最高。

公式がそれを推奨しているということは、シラザン50の目指す高みはシラザン無限なのです。

日本ライティングLEDストアZweb
¥77,000 (2024/06/03 22:44時点 | 楽天市場調べ)

コメント