2024年最新 BOSE サウンドバー音質比較 各グレードで音はどれだけ違うのか

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

現在Google検索で当メディアが検索に表示されない事例があります。

記事が参考になりそうな場合はブックマーク推奨です。

BOSE

自宅で手軽にホームシアターは憧れですよね。

地鳴りのような重低音、透き通るようなクリアな高音。特に映画好き、重低音好きにおすすめなのがBOSEです。

今回はBOSEのサウンドバーシリーズの音質を徹底比較していきます。

BOSEサウンドバー、音質がグレードでどれだけ違うかわからないと購入に踏み切れませんよね、、、

本記事では自分で購入したり、直営店(以前はあった、、)で実際に聴き比べたりした際に感じたことを中心に解説します

結論ですが、おすすめはフラッグシップモデル

  • ミドルクラスとフラッグシップは重低音〜高音のクリアさ全てが段違い
  • 価格重視ならエントリーでもありだが、ホームシアターにしたいならフラッグシップ一択

フラッグシップを聞いてからエントリーへ行くと音の違いが1発でわかります

私はBOSEサウンドバーにどハマりしてしまったので、サブウーファー、サラウンドスピーカー全てを揃えました。

毎日映画館並みの迫力で映画を楽しんでいます。もう戻れないですね。

下記は2023年9月末に発売された最新フラッグシップモデルです。

2024年3月更新 グレードごとに性能を比較

見た目もスタイリッシュなBOSEサウンドバーシリーズ。映画を見る上では間違いないサウンドバーです。

サウンドバーは音ですよね。音の違いをぜひ感じてください。フラッグシップを聞いた後に聞く安いやつはやはり歴然です。

BOSEのサウンドバーの性能差は分かりやすいです。

値段・グレードが上がると幅が大きくなります。

早速比較してみましょう!

BOSE サウンドバーシリーズ音質比較早見表

値段と音質(幅)、自動音場補正の有無、スピーカーの接続性を比較。

自動音場補正は音質を格段に上げるとの口コミがありましたので重要事項として選出しました。

()表示は中古のみです。

値段幅(cm)自動音場補正サブウーファー
などの接続
BOSE TV Speaker3200059.4⚪︎
Smart Soundbar 300(30460)69.5⚪︎
Smart Soundbar 500(32000)80.0⚪︎
Smart Soundbar 6006800069.5⚪︎
Soundbar 300(29200)95.0⚪︎⚪︎
Smart Soundbar 700(58800)97.8⚪︎⚪︎
Smart Soundbar 900119900104.5⚪︎⚪︎
Smart Soundbar Ultra132000104.5⚪︎⚪︎
新品での市販はマーカーのモデル。自動音場補正はフラッグシップのみ搭載。ウーファーやリアスピーカーは全モデル接続可能です。

この中でお勧めなのは新品で買えるフラッグシップサウンドバー900、Ultraの2つ。

特に、自動音場補正が音質をかなり引き上げてくれます。この機能はフラッグシップのみ搭載です。

この辺は妥協しないことが後々後悔を生みません

サウンドバーをクラス別で比較

BOSE公式より

BOSEのサウンドバーシリーズは簡単に3つのクラスに分類することができます。

  • エントリー
  • ミドル(スマート機能が追加)
  • ハイエンド(音質向上機能がモリモリ)

映画の迫力を爆上げしたい場合はハイエンド一択です。

BOSEは重低音から高音まで、フラットに出すことを目的として開発を行っています。

そのため重低音域は他メーカーよりも作り込んでいます。

映画では、すべての音域を丁寧に出すことが非常に大切。迫力や感動に直接関係します。

ここは妥協しないでしっかりお金かけましょう。

それ以上の感動と興奮を得ることができます。

エントリーモデル

BOSE TV  Speaker

エントリーモデルとしておすすめ

値段33000円 2020年7月発売 大きさ 59.4 cm (W) x 5.6 cm (H) x 10.2 cm (D) (2.0 kg) 自動音場補正無し ブラックのみ

簡単レビュー

実家にあり、現在も愛用中。

  • テレビとの差は歴然で、声も圧倒的に聞きやすい
  • コストかけたくない場合はこちらで十分

ミドルクラス

Smart Soundbar 300

値段55000円 発売日2021年1月 大きさ 69.5 cm x 5.6 cm x 10.3 cm (3.2 kg) 自動音場補正無し ブラックのみ

Soundbar500

値段72600円 発売日2018年8月 大きさ 80 cm (W) x 4.44 cm (H) x 10.16 cm (D) (3.18 kg) 自動音場補正有り ブラックのみ。現在は中古のみです。

BOSE(ボーズ)
¥32,800 (2023/09/24 06:44時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場

Smart Soundbar 600

値段74800円(定価) 上のサウンドバー500の後続機、Smart Soundbar 300の上位グレード的な立ち位置。大きさ69.5cm(W)×5.6cm(H)×10.4cm

サウンドバー900のように上向きスピーカーが追加された。

簡単レビュー

家電量販店で聞きました。

  • 全ての音域、これでも十分な印象
  • しかし、フラッグシップとの差は明らかにある

ハイエンド

Soundbar300

値段105600円 発売日2017年??月  大きさ 幅95cm?? ⇦信頼できる情報筋が無くなってしまったのでゴメンナサイ。BOSE Soundbar700の前モデルです。現在は中古のみのようです。

Smart Soundbar 300とSoundbar300は別物

フラッグシップかどうかは自動音場補正があるかないかです。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場

Soundbar700

ウチと実家に1台ずつあります。最高のサウンドバーですよ。

値段105600円 発売日2018年8月 大きさ 97.8 cm (W) x 5.72 cm (H) x 10.8 cm (D) (4.76 kg) 自動音場補正有り ブラック、ホワイトの2カラー。

私はサウンドバー+サブウーファー+サラウンドスピーカーをフルで揃え、ホームシアターとして活躍しています。

簡単レビュー

これぞ至高。まさに自宅が映画館です。

  • 地響きのような重低音、音の広がり、透き通るような高音、デザイン全て◎
  • 映画はBOSEで間違いなし、迫力が他のモデルと桁違い
  • 映画の音が綺麗過ぎて感動すら覚えるレベル
  • サウンドバー600より特に重低音の良さが格段に引き上げられている

700にはeARC非対応とレビューしている記事ありますが、eARC対応です。

これよりもグレードが上がる900、Ultraは非常におすすめと言えます。

Soundbar900

値段105600円(予想)発売日2022年 大きさ 104.5 cm (W) x 5.82 cm (H) x 10.7 cm (D) (5.75 kg ) 自動音場補正有り ブラック、ホワイトの2カラー Dolby Atmosに対応 上向スピーカーの追加

ドルビーアトモスに対応し、スピーカーが2個加わり、幅が大きくなりました

サウンドバ−700よりもちょっと音質は上がっている。

2023年末の新型サウンドバーUltraとの違いはAIダイアログモードのみ。

Soundbar Ultra

イラストもウルトラな真紅の背景ですね。BOSE公式より。

2023年9月21日発売の最新フラッグシップです。

大きさ 104.5(W)×5.8(H)×10.7(D)(5.8kg)

Ultraはサウンドバー900とほぼ同等の音質差です。(幅が同じなため

主な違いは以下です。

  • AIダイアログモードによるセリフとBGMのバランス調整機能の向上
  • TrueSpaceやPhaseGuideなどのサウンド技術の向上

AIダイアログモードとはBGMとセリフを切り分けてセリフがよく聞こえるようにしてくれたり、地上波放映の映画での爆音CMに悩まされることがなくなるようです。

ですので、映画をめちゃくちゃ楽しみたいならサウンドバー900とも遜色はないですが、最新を選ぶことがおすすめでしょう

性能差分としては、700と900の差よりも900とUltraの差はありません。

音質(映画がどれほどグレードアップするか)で選びましょう。

2024年3月時点で新品で買えるサウンドバー一覧

2023年12月現在の情報です。

値段幅(cm)自動音場補正サブウーファーなどの接続
BOSE TV Speaker3200059.4⚪︎
Smart Soundbar 6006800069.5⚪︎
Smart Soundbar 900119900104.5⚪︎⚪︎
Smart Soundbar Ultra132000104.5⚪︎⚪︎
自動音場補正はフラッグシップのみ搭載。ウーファーやリアスピーカーは全モデル接続可能です。

買うならこれ BOSEサウンドバーランキング

おすすめは?と聞かれたら私は以下を回答します。

特に、Amazonの大型セールではとんでもない額で買えることもあるため、しっかりチェックしましょう。

1位:サウンドバー900をブラックフライデーで購入しましょう。

700はほぼ半額で売られていましたが、大人気だったため売り切れです。

2位:サウンドバーUltra こちらは最新モデルが欲しい方にはおすすめです。

やはり新型は正義。

3位:TV Speaker エントリーで十分だというならこちら。

個人的には、ここはお金かけるところです。

1年間趣味を我慢し、Amazonのどデカいセールでフルバーストしましょう。

  • サウンドバーUltra
  • サブウーファー700
  • サラウンドスピーカー

この3セットで映画館に行く必要がなくなります。

たった映画125回分で元が取れてしまうため、自宅で毎日映画を見れば半年足らずに元が取れます。

やはり何を取っても上位グレードには敵いません。⇦そこまでいうか??と思いますが、聴き比べた結果です。

よってSoundbar700、Soundbar900、Ultraを購入しましょう。

BOSE ハイエンドとミドルクラスの口コミを比較

サウンドバー600と900,Ultraは値段的にどちらにしようか非常に迷うかと思います。

そこで口コミを比較してみましたが、以下の2点が総評です。

  • ミドルクラスでも買ってよかったとの口コミは多数
  • 映画の迫力を取るならやはりハイエンドとの口コミ(乗り換えた人も)
  • 悪いレビューは音が出ないなど一時的なものが多い

サウンドバー900,Ultraの口コミ

こちらはアマゾンで平均星4.3となっております。

星4以上の高評価は80%を超えております。(星5:60%)

いいコメント

・音の表現力は値段の分はある。

・会話や小さい音でも聞きやすい。

・サウンドバー単体でもここまで重低音出るのか!

悪いコメント

・まれに接続が切れる

・コスパが高いとは言えない

以下はサウンドバーUltraのレビュー抜粋です。

いろいろなサウンドバーを使ってきましたがやはりこれが最高です。

テレビ、映画、ゲーム、動画全てにおいて欠点がない。重低音、低音、中高音の全てがくっきりはっきり。ダイアログモードで会話がはっきり聞こえます。

バスモジュールがなくても十分に重低音です。

がバスモジュールとリアスピーカー全て揃えると他のメーカーのサウンドバーを買わなくても良い心境になります。それくらい最高です。迷わず買いましょう。

Amazonより

やはりフラッグシップは間違いなく最高の空間を提供してくれます。

レビューを見ていくと、自動音場補正の適用で音質が劇的に変わるとのコメントがありました。

サウンドバー600の口コミ

こちらもアマゾンで平均星4.3。

星4以上の高評価は80%以上。(星5:60%)

なのでこちらでも満足度は高いです。

いいコメント

・音はいい。セリフなども聞きやすい

・重低音も900ほどは出ないが、それでもよく鳴る

悪いコメント

・音が出なくなる

・低音のボリュームは思ったより少ない

どちらも接続性が悪いとのレビューが目立ちました。

そして、音質に関してはどちらも高評価です。

やはり低音はフラッグシップに分がありますが、差額に魅力を感じない場合はミドルクラスでも満足度は高いでしょう。

しかし、私はフラッグシップを絶推しします

メーカーごとの特徴を比較

他社と比較するとどうなのか、、、気になりますよね。

メーカーが力を入れてる部分はやや違います。

BOSEは映画寄りです

項目BOSESONYDENON
ものづくりの理念革新的な技術と
独創的なデザイン
高精度な音響技術と
豊富なラインナップ
伝統的な音響技術と
高音質へのこだわり
音質の特徴フラットに音を出す
ことに拘ったため、
低音域の強さが強調
クリアな音質と高い解像度自然な音質とバランス
の良いサウンド
映画向きか
音楽向きか
映画映画、音楽音楽
価格比較的高価格帯低価格帯から
ラインナップ
低価格帯から
ラインナップ
機能Dolby Atmos
DTS:Xな
Dolby Atmos
DTS:Xなど
Dolby Atmos
DTS:X
代表的なモデルBose Smart Soundbar 900
Bose TV Speaker
HT-A7000、HT-G700DHT-S717
HOME SOUND BAR 550

サウンドバーはテレビに付ける前提の音響機器、やはり役割を考えると映画の迫力を爆増してくれるBOSEが相性的におすすめ。

重低音の印象が強いBOSEですが、実は違います。

音をフラットに出すことを拘った結果、重低音を強く必要があるため、重低音が強いと感じるのです。

ソニーフラッグシップとの音質比較

ソニーのフラッグシップサウンドバーであるHT-A7000+サブウーファー+サラウンドスピーカー、

BOSEサウンドバー700+サブウーファー+サラウンドスピーカーとの周波数応答グラフ。

見る限り、BOSEの方が重低音を出し、高音域までフラットに出してくれています。

記事はこちらより。

フルオプションの値段差は10万くらいソニーが高い。ですが、グラフでの結果はコレ。

映画が好きなら、重低音が好きならBOSEです。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場

SONY ミドルクラスを買ってみた結果

実はソニーのサウンドバーHT-G700を買ったことがあります。

しかし、全くダメです。ソニーのミドルクラス以下は話にならないレベルとの結論でした。

  • 音楽は○、まあ良くなる
  • 映画は×、ない方がマシ

人の声はとても小さく、爆発音などのSEはバカでかく聞こえてしまう。

BOSEだと価格が半分のエントリークラスにも敵わない音質です。

音質以外の使い勝手はどのグレードでも同じ

AI技術の向上と、音響技術が若干向上した印象の最新サウンドバーUltra。

音質以外の機能は大した違いはありません

どのモデルもBluetoothはついています。最低限の仕事は可能。

最新モデルの方が新技術が採用されている印象ですが、新しいモデルのミドルクラスよりも1個古いフラッグシップの方がおすすめです。

BOSEサウンドバーオプションについて

ミドルクラス以上のサウンドバーにはオプションとしてサブウーファーやサラウンドスピーカーがあります。

それらのメリットとどれがお勧めなのかをお伝えします。

サブウーファー700 非常にお勧め

異次元の重低音を叩き出すサブウーファー700(サブウーファーは700が現役でフラッグシップ)

映画にこだわるのであれば絶対に購入してください

特に、フラッグシップのサウンドバーを購入した場合は必須級です。

家庭用のサブウーファーシステムでは異次元レベルで重低音が強いです。

ソニーフラッグシップのA7000サブウーファー込みとの比較です。やはりBOSEは重低音ですね。

記事はこちらより。

以上より、重低音特化するならBOSEサブウーファーを導入しましょう。家庭用サブウーファーでは最強格の重低音です。

デメリットは異次元すぎるため、床が揺れます。集合住宅では音の出し過ぎに注意してください。

サラウンドスピーカーはできれば欲しい

サラウンドスピーカーはできればでOK。

音の反響を利用した擬似サラウンドから、本物のサラウンドへとアップグレードをしてくれます。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント最大9倍!/
楽天市場

しかし、サブウーファーほどのインパクトはありません。

まずはサブウーファーを購入するのがおすすめです。

サウンドバー買い時

サウンドバーの買い時はAmazonブラックフライデーなどの超大型セールです。

2022年11月末のブラックフライデーではサウンドバー700のブラックがほぼ半額の約50000円で売られておりました。

これを逃す手はありません。

Amazonセールをチェック

Amazonのセールは定期的にチェックするのが良いでしょう。

音こだわったら映像も 4K有機ELはイイぞ

流石にBOSEのフラッグシップサウンドバーを購入し、それをブラウン管に繋ぐヤツはいないでしょうが、、、

映像も拘りましょう。

  • 4K有機ELテレビの圧倒的な映像美
  • BOSEフラッグシップサウンドバーフルオプション

この2つが組み合わさると映画館をも遥かに凌駕するホームシアターが完成します。

映画館デメリット、プロジェクターの画質の荒さを一気に解決してくれます。

BOSEで楽しむ映画配信サービス

重低音のBOSEの良さを引き出すなら映画が一番です。

やはりハリウッド映画の迫力はレベルが違います。

筆者はアマプラの他にディズニープラスの利用を始めました。

大人から子供まで1番楽しめる映画が詰まっているのがディズニープラスです

Amazon Prime Video500円プライム会員なら追加料金なし。
Amazonの買い物や音楽、電子書籍の利用もできる。
Netflix1,958円オリジナル作品が充実。
映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなど
幅広いジャンルの作品が揃っている。
U-NEXT2,189円作品数No.1。
映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど
幅広いジャンルの作品が揃っている。
また、雑誌やマンガも読み放題。
Hulu1,026円国内ドラマが充実。
テレビ東京系の番組や、テレ朝動画、
ABEMAプレミアム、Paraviなどの
見逃し配信も視聴できる。
Disney+ (ディズニープラス)990円ディズニー、ピクサー、マーベル、
スター・ウォーズなどの作品が楽しめる。

BOSEサウンドバーはこれら映画配信と非常に高相性です。

重低音の迫力と、高音の透き通る様な音の広がりを体感しましょう。

出演:Leah Lewis, 出演:Mamoudou Athie, 出演:Ronnie del Carmen, 出演:Shila Ommi, 出演:Wendi McLendon-Covey, 出演:Catherine O'Hara, 出演:Mason Wertheimer, 出演:Ronobir Lahiri, 出演:Wilma Bonet, 出演:Joe Pera, 出演:Matt Yang King, 出演:Matt Yang King, 出演:Matt Yang King, 出演:Clara Lin Ding, 出演:Reagan To, 出演:Jeff LaPensee, 出演:Ben Morris, 出演:Jonathan Adams, 出演:Alex Kapp, 出演:Alex Kapp, 出演:Alex Kapp, 出演:P.L. Brown, Writer:John Hoberg, Writer:Kat Likkel, Writer:Brenda Hsueh, 監督:Peter Sohn, プロデュース:Denise Ream
¥509 (2023/12/23 11:19時点 | Amazon調べ)

一方で、見たい映画が固定されている場合はApple TVでまとめ買いがお得です。

Star Wars: The Phantom Menace - Apple TV
Obi-Wan Kenobi (Ewan McGregor) is a young apprentice Jedi knight under the tutelage of Qui-Gon Jinn (Liam Neeson) ; Anak...

まとめ

今回はBOSEのサウンドバーシリーズのグレードを比較してみました。

やはりおすすめはサウンドバ−900をセール時に買うことです。ぶっちぎりでコスパ良しです。

そして、何度も言いますが重低音好きはサブウーファーは必須です

コレを機にサウンドバー700、900 +サブウーファー700の購入を検討してください。

ウチでは⇩これら⇩を使用しております。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
クリプトン
¥16,760 (2024/04/10 22:44時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場

オーディオボードはサブウーファーの土台として使います。

騒音対策にもなりますし、土台がしっかりすることで重低音の質が上がります。

この記事を書いた人
Tatsuki

車とホームシアターとカメラが好きな20代。
国立大学院卒物理学修士取得。知識をフルに使い原理レベルで解説する記事を書いています。
最近カメラに手を出してしまい金欠具合が加速。
自分の好きなことを中心にレビューなど情報発信しています。
レビュー記事執筆依頼、相互リンクなど承りますのでお気軽に連絡ください。

Tatsukiをフォローする
BOSEブログホームシアター

にほんブログ村に参加しております
にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

Tatsukiをフォローする

コメント