世界の美しさを切り取る傑作レンズ SONY 50mm f1.2 GM レビュー(作例あり)

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

現在Google検索で当メディアが検索に表示されない事例があります。

記事が参考になりそうな場合はブックマーク推奨です。

カメラ・レンズ

今回は現在市販されているEマウントレンズ最高傑作と評判のSONY 50mm f1.2 GMのレビューです。

カメラ素人の私が写真の違いなどわかるのか?とも思いましたが、1発で違うとわかりました

50mmという普遍だが難しい画角で、素人でも「作品」と言える写真を出してくれるレンズがF1.2 GMです。

なんか綺麗、なんか好きな写真が撮れた。

まさに、

世界の美しさを切り取るレンズ

私にとって最高の選択となってくれました。本当に、このレンズは撮って画を見ればその価値がわかってしまうレンズです。

レンズは出てくる画の好みで選ぶべきですが、GM中のGM、GM最高峰、GMの中でもずば抜けてると言われる所以がわかります。

例えば解像感とボケの両立はまずあり得ません。ボケは解像しませんから。

コントラストが高くバリバリした画と、フワッと柔らかな光の表現、これも両立はできないはず。

なんですが、そのように相性悪いもの同士の表現を最高レベルで再現してくれるレンズです。

本記事ではレンズの出す画の魅力を最大限お伝えするべく書いています。伝われば非常に幸いです。

撮影は上記機材で行いました。編集は0です。編集した場合は編集内容も記載します。

50mm f1.2 GMをレビュー

出てくる画が何か美しい

コレが私の第一印象でした。

レンズを選ぶ際に重要な要素

  • どれだけ出てくる画が美しくて、
  • それを簡単に撮れて、
  • 表現力が多岐にわたるか

ですよね。(羽の枚数だとか収差だとかはそんなものどうでもいいんです。)

このレンズはまさにソレを持ち合わせています

  • バリバリのコントラスト、なのに柔らかさがある
  • 超絶高解像なのにボケがとろとろかつ自然で美しい

このように、相反する性能を綺麗に両立させています。

GMの真髄 柔らかさと解像

先ほどのシャープでバリッとしたコントラストとは異なり、

突き抜けるような解像感かつ春の温かみ、光の柔らかさが切り取られています

f1.6 ISO100 1/4000s iPhoneの写真アプリで軽く編集入れてます。彩度くらい?

個人的にとてもお気に入りの一枚。

解像とボケの美しさや柔らかさを極めたレンズがGMです。

GMが誇る描写力 トロトロのボケ

f1.6 ISO100 1/3200s

中央の一輪のみクッキリ解像、しかしあとは水彩絵の具で塗ったようにとろけています。

GMレンズの中でも段違いに傑作と言われるf1.2 GM。

表現はそれこそ星の数ありますが、欲しい画を1発で撮れるレンズはほんの一握りでしょう。

GM流石の鮮やかさ

目の前に広がる風景、景色をより具体的に見たことはありますか?

ハトの毛並みのグラデーションって、ここまで美しかったんですね。

f1.4 ISO320 1/2500s (トリムしてます)

世界の美しさ、鮮やかさを再認識させてくれるレンズと言えます。

開放からシャープ

開放f1.2の雨粒

このレンズ、開放から解像します。もうバリバリの解像。

f1.2 ISO400 1/8000s

水滴の粒々がクッキリとしたコントラストを放っています。

もちろんf1.2よりもf1.4の方が優勢ですが、開放から十分すぎる解像感。

50mm f1.2 GMのデメリット

高い。コレだけです。

けれど人々は言います。

買う理由が値段なら買うな。買わない理由が値段なら買え。

そう、これは買いのレンズです。

50mmは各メーカーが技術力を競い合うフラッグシップモデルをラインナップする画角。

1番使う、使いやすい画角の単焦点は極めても良いでしょう。

ネットでの口コミ

50mm f1.2は GMの中でも別格と言わしめるレンズ。

有名ユーチューバーやネットでの口コミを調査しました。

表現力は天下一品!色々なレンズ使って来ましたが、今までで最高の表現力だと自分は思います。解像度も解放1.2からピントが合った所はキレッキレです!勿論絞ってもGOOD!
現時点でこれを超える標準レンズは無いのでは?

価格コム

1.4と1.2両方のレンズを所有しています。
開放1.4と1.2の違いは僅かではありますが、出来上がった写真のレベルは違います。
感動的な絵を作り出してくれるこのレンズは、今でもまだまだ魅力的な1本です。

1本しか選べないなら少し重くても、最高の1枚が撮れるレンズを選びます。

価格コム

実は、私はうえでぃー氏のレビューを見て、このレンズに非常に興味が湧きました。

現存するEマウント単焦点レンズの中で最強の写り。

間違いなく芸術の領域のレンズ。

うえでぃー

同価格帯で購入検討したレンズは2470GM Ⅱ

50mm f1.2 GMを買うのであれば、同価格帯でさらに便利なSEL2470GM2があります。

10人いれば8人は24-70を選ぶでしょう。

単焦点を組み合わせたように解像性能が高い2470GMⅡはズームレンズ最高峰の選択です。

FE50mm F1.2 GMを選択した理由

F1.2 GMはあなたを芸術世界に惹き込んでくれるレンズです。

各メーカーが技術力を集約し、フラッグシップを作るのはこの標準域50mm。

SONY Eマウントレンズで最高と言わしめる実力を試したいと、私は思ってしまいました。

  • 傑作レベルのレンズ
  • GMレンズの中でも最高の写り

というレビューがやはり決め手です。

やはり光学性能上、ズームが不利なのは明白です。便利さに振ってるレンズですから。

レンズの持つ光学解像性能が高い単焦点であれば低f値でも解像性能を保つことができます

この画角はよく使用する!好きだ!という場合はやはり単焦点に拘るべきと私は考えています

とはいえ、ここは考え方次第です。

50mm f1.2 GM 作例を紹介

記事投稿時点での作例はまだ多くないので、追記していきます。

f1.4 ISO320 1/6400s

桜が満開の時期に。

f1.4でもバリバリの解像を得ることができます。ここまで絞らないで解像を得られるレンズはありません。

ボケの柔らかさが本当に良いです。

f1.2 ISO400 1/8000s

f1.2での桜。シャッタースピードは最速でこの明るさ。もう背景はグルグルのトロトロです。

この色合いと、解像感、美しさはもうこのレンズでないと手に入りません。

f1.4 ISO320 1/2500s

雨の交差点。その場の世界を切り取ったような写りです。

f1.4 ISO320 1/2500s

歩きながらの一枚。雨の都会はやはり良いですね。

菜の花と車の写真。

手前のボケ感がとても気に入ってます。

夜の立駐。静けさをモノトーン調で。

街を歩く人々をモノトーンで。ピントは奥に合わせていて、しっかり解像している。

さすがフラッグシップレンズ。

神社の境内から、門を撮った一枚。造形の力強さと木の温もりが印象的。

(記事の画像の解像度を上げる方法を模索中です)

FE 50mm F1.2 GMの外観とスペック

外見の特徴

外見はこれと言って主だった特徴はありません。

強いて言うならフードの内側がスウェード調で、肌触りが良い程度

内側はスウェード調です。肌触り最高。

重量は割と重め(778g)ですが、全く問題を感じませんでした

右手オンリーではしんどかったかもですが。

そして、私にとって初めてのGMレンズです。

Gバッジは思ったよりも色が濃かった。

総評として、使い勝手は全く問題ありません

大きさはこんな感じ。デカすぎでは無いですね。

むしろF1.2というめちゃくちゃな明るさを良くもここまでコンパクトにしたなと感じました。

FE50mm F1.2GM 仕様表

スペックはサクッと表にします。気になった項目をご確認ください。

フィルター径は72mmです。

何度も言いますが、見るべきはスペックではなく写りです。

レンズ仕様
対応撮像画面サイズ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm)50
焦点距離イメージ(mm) *175
レンズ構成 (群枚)10-14
画角 (APS-C) *132°
画角 (35mm判)47°
開放絞り (F)F1.2
最小絞り (F)F16
絞り羽根 (枚)11
円形絞り
最短撮影距離 (m)0.4
最大撮影倍率 (倍)0.17
フィルター径 (mm)72
手ブレ補正– (ボディ側対応)
テレコンバーター (1.4x)非対応
テレコンバーター (2.0x)非対応
フードタイプ丸形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm)Φ87×108
質量 約 (g)778
付属品
フード (型名)ALC-SH163
レンズフロントキャップ◯ALC-F72S
レンズリヤキャップ◯ALC-R1EM
ケースソフトケース
その他付属品ケースストラップ
SONY公式より

フィルター紹介

フィルターはコスパ重視タイプと高透過タイプを紹介します。

私はコスパ重視にしました。

ケンコー(Kenko)
¥7,500 (2024/03/20 08:14時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場

高性能機材は自分の満足する写真を撮りやすい

これも同時に感じました。

出てくる画が「何か」美しい「何か」好きだ。「何か」良い写真が撮れた。

こう思うことで写真が楽しくて仕方がありません。

下手くそでも好きでいろいろやってりゃ自然と上手くなります。

大事なのは続けること。

そのためには、撮った写真がなぜか良くて、楽しいという気持ちにさせてくれることが大事でしょう。

良い機材を揃える1番の理由は楽しく続けるためだったりします。

まとめ

このレンズはあなたが撮りたい写真を完全に具現化するための非常に良いレンズでしょう。

  • ボケと解像を非常に高次元で両立するGMレンズ
  • 光の柔らかさと力強さを同時に描写できる
  • なんとも言えぬ良さを放つ自然なトーン

これらを全て1つの画に収めることが可能。

Eマウント最高峰のレンズであるGMレンズの中でも、群を抜いて素晴らしいと言わしめるほどの実力を、カメラ初心者の私でも感じることができます。

以下に19.5%の割引を受ける方法を記載します。

19.5%の割引を受ける方法

実はソニーストアでは大きく割引を得ることが可能です。

  • 株主優待(15%)(ヤフオクで入手可能)
  • SONYデビットカード(3.5%)
  • 楽天リーベイツ(1%)

これらを組み合わせると19.5%の割引を受けることができます

この割引をフルに利用すれば価格コムの最低価格よりもさらに下。なおかつ3年の保証を受けることができます。

楽天リーベイツは楽天ユーザーであれば誰でも利用可能です。

レンタルも可能

GooPassでレンタルも可能です。

1発購入前に、自分の肌に合う合わないを確かめるのも手です。

レンズは資産ですが、メルカリ売却での購入差額よりも安く借りれます。

コメント