PR

シラザン50 口コミで多い失敗事例を紹介 私も水濡れでムラになってしまった…

洗車とコーティング
本ページはプロモーションが含まれています

シラザン50の施工に失敗すると歪に硬化してしまったり本来の撥水力を手にできなくなってしまいます。

ネットの口コミ上、失敗事例はいくつかありますが、多いのが施工・硬化中(2時間)の水濡れです。

この水濡れさえ気をつければ基本失敗しません

その他に多いのが、効果促進剤を混ぜ忘れるというタイプ。必ず入れなければならないということではありませんが、入れる方が吉です。

これらの失敗を避け、しっかり施工できればEXキーパー並みの撥水と耐久力を手にすることができます。

シラザン50 施工に失敗した事例を紹介

10000円近くするコーティングで失敗してしまうのは嫌ですよね。

私も嫌です。

ですので、実際のユーザーの失敗ポイントを押さえましょう。

施工・硬化中の水濡れで失敗した事例

これ私です、、、

ガラスコーティングは空気中の水分と反応し、ガラス化します。

拭き上げ忘れで歪に硬化してしまった例。これは私の場合です。

水濡れがあるとこのようにいびつに硬化してしまいます。↑これは私の事例です、、、

拭き残しの水に触れて、硬化し始めたタオルの繊維で1度目の硬化し始めたコーティングをザザッと傷つけてとんでもないことになりました。

楽天より

逆に大量の水分だと溶剤が流されてしまうため、水分には最新の注意を払いましょう。

シラザン50そのものの効果を徹底的にレビューした記事です。

お勧め購入先やセール情報も記載しています。

効果促進剤を混ぜ忘れる事例

まれにこのパターンがあります。固まるのが遅くて、雨に降られて流れてしまったということ。

しかし、以前は硬化促進剤は付属しておらず、それでも効果は出ていました。

ですので、確実に混ぜなければならないというわけではないですが、混ぜた方が吉です。

以前購入させて頂いた時にはなかった「硬化促進剤」が同封されていてびっくり

楽天より

施工当日外気温11℃で風吹く中、施工後1時間10〜20分前後で霧雨に打たれましたが、問題なく撥水も艶も出ました。
硬化促進剤のお陰?

Amazonより

なんと、効果促進剤を使ったら霧雨程度なら耐えたとの事例です。

しかし、確実に大丈夫ともいえないので、なるべく1日晴れ予報の日に施工してください。

日本ライティングLEDストアZweb
¥15,800 (2024/05/18 21:20時点 | 楽天市場調べ)

失敗を避けるためには?

私はシラザン50を3台の車に施工しています。詳しくはこちらを。

水濡れさせなければ基本的に問題ありません

もちろん、硬化促進剤などの溶剤は忘れずに混ぜることが前提です。

①施工・硬化中の水濡れを避けよう

まずはこれです。

シラザン50は空気中の水分と反応して硬化します。

ですので拭き残しと反応してガラス化してしまうのです。

②施工は晴れの日、朝早くから

晴れの日というのは理解いただけると思います。

朝早くから行うのは夜露・結露を避けるため

夜に行わなければ問題ありません。

③水濡れ厳禁の硬化時間は2時間

シラザン50のメーカーによると、水濡れ厳禁の硬化時間は2時間です。

もちろん空気中の水分が少ない場合は少し伸ばす必要があります。

私も冬に施工させましたが、3時間程度乾燥する時間を作りました。

もし水に濡れてしまったら?

ささっと乾いたクロスで拭いて、再施工してあげましょう。

公式でも記載されていますし、私もそうやりました。

そこまで難しく考えないで大丈夫です。

施工に失敗せず、バチバチの効果を得よう

シラザン50のデメリットは施工時の水濡れで失敗するだけです。

値段と施工難易度の割には非常に効果が高い。

  • 評判通り、非常に撥水と耐久効果が高い(EXキーパー並み)
  • 化学的に水垢がつきにくい設計
  • 硬化時間が短くて施工失敗する要素がほぼ無い(冬でも施工可能)

実は私はEXキーパーを剥がしてシラザン50を施工しました。

まとめ

今回はシラザン50の失敗事例についてまとめました。

  • 施工中・硬化中の水濡れ
  • 硬化促進剤の入れ忘れ

失敗事例として目立つのはこの2つ。これらを避ければ、バチバチの撥水力を手にすることができます。

私は水濡れをやらかして歪に硬化してしまいました。

硬化中に水に濡れてしまった場合は乾いたクロスで拭き、再施工してあげましょう。

コメント