俳優ヒュージャックマンが皮膚癌・6度再発経験から日焼け止めを開発

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

ブログ

ウルヴァリンやグレテスで有名なヒュージャックマンは、皮膚癌を6度再発した経験から、日焼け止めの重要性を訴えるために行動しています。

現在、彼は自身のブランドを立ち上げ子供向けの日焼け止めを開発しました。

オーストラリア出身の俳優である彼は、自身のインスタグラムで紫外線の怖さと日焼け止めの大切さをファンに訴えました。

オーストラリアは世界で最も紫外線の強い地域の一つであり、特に南半球に位置するため太陽光線がより直接的に当たる傾向があります。

また、オゾン層の薄さも紫外線の強さに影響しています。

オゾン層は紫外線の一部を吸収する役割を持っていますが、オーストラリアではその層が薄く、紫外線が強く届く地域とされています。

ヒュージャックマン自身も、若い頃から紫外線を気にせずに素肌で紫外線を浴び続けた結果、皮膚癌を発症しました。

彼は自身の体験を通じて、紫外線の危険性を訴えることに力を入れています。

アイキャッチはこちらより

ということで日焼け止めは積極的に使用しましょう。

記事後半に日本製の最強日焼け止めを紹介しております。

ノンケミカルな日焼け止めを開発中

画像はこちらから引用

ヒュージャックマンは現在、子供を対象としたノンケミカルの日焼け止めの開発に取り組んでいます。ノンケミカルの日焼け止めは、肌に優しい成分でできており、特に子供の敏感な肌に適しています。

特に、日焼け止めを塗らない10歳未満の子供と塗る子供を比較したところ、大人になってからの皮膚がん発症率は1.5倍違うそうです。

その日焼け止めは、ヒュージャックマンのこだわりが詰まったパッケージで、子供たちに喜ばれること間違いなし。

スパイダーマンやアナと雪の女王、怪盗グルーなどの人気キャラクターのデザインが施されているため、子供たちは日焼け止めを使うことを楽しみにするでしょう。

見た目はアレですが実際問題効果は期待できます。

オーストラリアと皮膚がんは関係性大

実はオーストラリアと皮膚がんは切っても切り離せない関係です。

なぜならオーストラリアはUV指数が日本の5~7倍。もっとも紫外線が強い国の1つとして数えられています。

オゾン層が薄いことが原因だそうです。

紫外線はUVA,UVB,UVCと波長ごとに分類されます。

波長が短ければ障害物で簡単に遮ることができますが、肌にあたった際のダメージは強烈になっていきます。

波長の短さはエネルギーの高さと覚えましょう。

下記は各紫外線が肌にどのようなダメージを与えているかを解説しております。

間違ってない??SPFとPAの正しい知識と違い・肌へのダメージを美容ナースが徹底解説
日焼け止めを買う時に「SPF50PA++++」だからヨシ!って買い物カゴに放りこんでませんか?それだけでは肌にダメージを与えてしまうリスクが・・・。SPFとPAはそれぞれブロックできる紫外線が違うんです。紫外線の種類によっても肌に与える影響...

70歳までに3人に2人が皮膚がん

もともとオーストラリアは白人の国。紫外線に弱いのです。

その状態で強烈な紫外線が降り注ぐ国なので自然と皮膚がん発症率が上昇します。

オーストラリアの紫外線の強さと皮膚がんの発生率については、以下の要点が挙げられます。

地理的要因

オーストラリアは大陸の大部分が南半球に位置しており、太陽光線が直接的に当たることがあります。また、オゾン層の薄さも紫外線の強さに関係しています。

温暖な気候と屋外活動の習慣

オーストラリアは一般的に温暖な気候であり、多くの人々が屋外で過ごすことが多いです。そのため、紫外線に長時間さらされる機会が増えます。

高い緯度と日射量

オーストラリアは広大な面積を持ち、北部の地域ではより直射日光が当たる傾向があります。また、年間を通して強い日差しを受けることが多いです。

これらの要因により、オーストラリアは紫外線が強く、皮膚がんの発生率も高い地域となっています。

日焼け止めの使用は、紫外線から肌を保護するために非常に重要です。特に子供の肌は敏感であり、紫外線によるダメージを受けやすいため、日焼け止めの使用は欠かせません。

効果はSPF50でウォータープルーフ

子供向けでノンケミカルといえど効果が期待できないのでは意味がないと思いましたが、十分強力な防御力を誇る日焼け止めです。

ヒュージャックマンの取り組みは、紫外線対策の重要性を広めるだけでなく、皮膚がんの予防や健康な肌の維持にも大きな貢献をしています。彼のメッセージは世界中に広まり、多くの人々が日焼け止めの重要性を再認識しました。

日焼け止めは、紫外線から肌を守るために必要不可欠なアイテムです。特に屋外での活動や太陽の強い季節には、こまめに日焼け止めを塗布することが大切です。

ウォータープルーフとはいえ、プールなどで落ちる可能性があります。

日焼け止めの塗り直しは必須でしょう。

ただし、下記のようにプールでも使える日焼け止めがあります。落とそうと思っても落ちません。それほど強力なプロ仕様です。

学校にバレない!塗り直し不要の日焼け止め。プールの日は登校前に塗るべし!水泳部の愛用品。
プールの授業が始まってくると問題になってくるのが日焼け対策。 子供の肌を守りたい保護者とプールの水質を管理したい学校で暫し議論が巻き起こる。 この記事では、プールのある日の朝、学校に行く前に塗っていけば絶対に落ちず(水でも汗でも)塗り直し不

映画俳優としてのヒュー・ジャックマン

ヒュー・ジャックマンといえばなんの映画でしょうか。

ウルヴァリン、レミゼ、グレテスあたりでしょうか。

歌って踊れて筋肉もりもりの俳優が実は皮膚がんを6回も発症していたとは知りませんでしたよ。

Amazon.co.jp
Bitly
Bitly

これらミュージカル系の映画の視聴はBOSEサウンドバー+4K有機ELで映画館以上の画質とサウンドで視聴することをおすすめ。

まとめ

ヒュージャックマンが開発に取り組んでいるノンケミカルの日焼け止めが市場に登場するのを楽しみにしながら、現在も日常的な紫外線対策を行いましょう。帽子やサングラス、日傘の使用、長袖や長ズボンの着用など、日焼け止めと併せて複数の対策を組み合わせることで、より効果的な紫外線対策が可能です。

ヒュージャックマンの取り組みは、単なる日焼け止めの開発にとどまらず、紫外線による被害を最小限に抑えるための啓発活動とも言えます。

彼の経験から学び、自身の肌を守るためにも、適切な日焼け止めの使用を心がけましょう。

そして、ヒュージャックマンがおすすめするノンケミカルの日焼け止めを試してみることで、安全かつ楽しく紫外線から肌を守ることができるでしょう。

紫外線からの肌の保護は、若々しさや健康な肌の維持にとって重要な要素です。ヒュージャックマンの取り組みを通じて、紫外線対策の重要性が広まることを願っています。日焼け止めを使って安全に太陽の恩恵を受けましょう。

コメント