シビックハッチバック(FK7)ECUチューニングでブーストアップとラジエーターファン始動温度をいじってみた

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

現在Google検索で当メディアが検索に表示されない事例があります。

記事が参考になりそうな場合はブックマーク推奨です。

Car Custom

今回はシビックハッチバック(FK7)のECUチューニングのお話です。

実はHONDATAのECUを使っていた時期がありました。現在は解除してしまっています。

主な目的はエンジン水温対策になるのが導入理由です。

FK7は水温に弱く、夏山を登っていればすぐに温度が100℃超えてしまいます。

さらに、HONDATAはECONオンオフでブースト圧の設定をオンオフできる点が素晴らしい

1.2⇔1.0、1.4⇔1.0などと設定が可能です。

FK7 ECUチューニング事例

  • ファン始動温度
  • ブースト圧

この2つをいじりました。その後すぐに戻しましたが、ブースト圧の効果は凄まじかったです。

ファン始動温度を調整

FK型シビックの持病である熱問題のため、ファン始動温度を調整しました。

FK7はファンのレベルが3段階あり、私は始動温度を、

  1. 89℃
  2. 94℃
  3. 98℃

へと調整しました。純正では100℃超えないとレベル2まで到達しません。

ラジエーターやサーモスタットと比較するとお気持ち程度の効果ですが、冬でも過冷却にはならないというメリットがあります。

ブースト圧1.2

グッと踏み込めば100km/hからでも加速Gを感じるようになりました。

低速時でもアクセルレスポンスが良くなっており、運転しやすくなります。

そして、HONDATAのいいところはECONボタンでブースト圧設定を解除することができる点

これは使いやすく非常に便利です。

ECUチューニングの重要なデメリット

ブーストアップは車両に大きな負担をかけ、寿命に影響する可能性があります。

追加のパワーを得る一方で、メンテナンスの重要性を忘れてはなりません。

ファン始動温度程度ならまだ大丈夫でしょう。

しかし、ECUチューニングは比較的大きなチューニングで、メーカー保証が切れる可能性があります

自己責任で、デメリットをしっかり把握した上で行いましょう。

HONDATAのメリット

HONDATAはECUの交換ではなく、上書きのようなもの。

もちろん元にセッティングを戻すことが可能です。

特に大きな作業を必要とせずに、データだけ転送すれば良いのはメリットでしょう。

まとめ

今回はシビックハッチバック(FK7)のECUチューニングを行ってみました。

  • ファン始動温度
  • ブースト圧

この2つを私は変更しました。

場合によっては燃調マップなども書き換え可能なようなので、めちゃくちゃいじってみたい方は向いているかもしれませんね。

デメリットをしっかり把握して、自己責任で行いましょう。

この記事を書いた人
Tatsuki

車とホームシアターとカメラが好きな20代。
国立大学院卒物理学修士取得。知識をフルに使い原理レベルで解説する記事を書いています。
最近カメラに手を出してしまい金欠具合が加速。
自分の好きなことを中心にレビューなど情報発信しています。
レビュー記事執筆依頼、相互リンクなど承りますのでお気軽に連絡ください。

Tatsukiをフォローする
Car Customメンテナンス

にほんブログ村に参加しております
にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

Tatsukiをフォローする

コメント