【試乗】新型シビックハッチバック(FL1)CVT 試乗

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

現在Google検索で当メディアが検索に表示されない事例があります。

記事が参考になりそうな場合はブックマーク推奨です。

Car Custom

今回は話題の新型シビックハッチバック(FL1)の試乗インプレッションを、前モデルのシビックハッチバック(FK7)を1年半で55000キロ乗り回した私がFK7と比較しながら色々書いていこうと思います笑

FK7かFL1かで迷っている方は必見です!!

今回試乗させていただいたのはシビックハッチバック CVT EXグレードです。

ターボがついたシビックハッチバックは重量とエンジン容量を考えるとものすごく軽快な走りをします。購入を迷っている方はぜひ購入方法で検討してください!走行性能、快適性、維持費、積載力どれをとっても一級品であり、この車の総合的なバランス力を上回る車はおそらくありません!!

MTのシビックハッチバック(FL1)の試乗インプレッションはこちら⇩

FK8でディーラーに突撃です。

試乗車はホワイトのシビックでした!

ホンダ車=白のイメージが強いので私的には白をお勧めします。

被写体は営業さんとFK7とNCロードスターを乗り回す生意気な同期。

新型シビックハッチバック(FL1)の主要諸元を紹介

主要諸元などを簡単に紹介します。

全長 4550mm

全幅 1800mm

車重 1370kg (MT : 1340kg) ⇦EXグレード LXとEXで10キロ差、MTとCVTで30キロ差があります。

ホイールベース 2735mm ⇦FK7と比較し35mm伸びている。

パワー 182馬力 トルク240Nm ⇦FK7(MT)と変わらず。

一言で言うとFK7とほぼ変わらないですね。

重量とホイールベースは新型の方があります。

軽快さは車重とパワーが関係するため、車重が一番軽いLXグレードのMTが一番軽快に走れそうですね。

内外装を紹介

FK7とFL1の違いは内外装が全てと言っても過言ではないでしょう。

外装

スタイルはFDのようなジェントル系。FKのようなガンダムではありません。

フロントはセダンのようにシンプルで四角いな〜という印象です。

ちなみに自分の好みはFKです笑

車幅は同じ1800mmですが、フロントマスク的にFKのが大きく感じました。

ホンダ公式HPより

リアハッチの形状も変化しています。FLはラインが美しいです。ここは細部までかなり変更されていますね。ハッチ開いた写真は下記。

マフラーはセンター出しとサイド出しの違いあり

ホンダ公式HPより

FKはセンター出し、FLはサイド出しですね。

ホンダ公式より

マフラーの違いにより、FKは力強く、FLは上質に感じますね。

さらに、リアのテールランプが繋がる形状になりました。

ただし完全に繋がっている訳ではありません。

ホンダ公式HPより

内装

まず、FL1の装備はEXとLXで大きく違います。

EXは装備全部乗せという感じで、お勧めはEX。

後になってアレ付ければよかった、、、と悩むことがないです。⇦案外大事です。

フォグランプはLXでは付かないそうです。そういうのあるとちょっと、、、って感じですね。

内装はFK7と比較してはいけません。圧倒的に新型が良いです。

ホンダ公式HPより

BOSEスピーカーシステム装備(サブウーファーあり) ⇦神

・シート中央部分がアルカンターラ調 ⇦豪華さがすごい。

・エアコン吹き出し口のデザイン ⇦全面から出る訳ではないです。出る部分は普通の車と同じです。

・シフトレバーの位置付近のコンソールスペース ⇦FLのが広いですが、置けるスペースはFKのが多いです。

・ワイヤレスチャージャー ⇦充電オンオフ機能あり。iPhone1つしか置けません。

・シフトレバーのSレンジ削除 ⇦FK8の+Rモードのようにスイッチ式に変更。これは使いにくいです。

・ホンダコネクテッドディスプレイ ⇦最強ディスプレイです。ワイヤレスApple Car Playに対応。

・タコメーターはデジタルが2つ ⇦回転数と速度が別に表示されます。ここは好み分かれそうですね!

ホンダ公式HPより

音楽の曲名とかも表示されていました。FKより表示項目は多そうです。

・ドアのレバーと肘おきはFLのが豪華です。

・積載能力は相変わらずアタオカです。 ⇦冷蔵庫以外なんでも乗るでしょう笑

・サイドミラーの形状を変更 ⇦Aピラーとの隙間を作り視界を確保したからだそうです。

ホンダ公式HPより

主だった違いはコレくらいでしょうか。

FL1の内装は近年のホンダの中でもダントツでスタイリッシュです。

さすがラグジュアリーシビック。

走行フィーリング

一言で言えばFK7と大きな差はないかな?と感じました。

FK7の方が大きく劣るとか、FL1は軽快さが感じないとか、そんなことは全くないです。

シビックハッチバックのすごいところは、フィットと同じエンジン容量でありながら外車並みの走行性能を兼ね備える車と言うところです

エンジンの性能面である馬力、トルクはFKと同じ。履いているタイヤも同じグッドイヤーイーグルF1アシンメトリック2です。しかしこれで十分。

さすが世界最高のエンジンメーカーのスポーツカーです。

加速フィール

試乗なので高速ワインディングはできなかったので、コーナリングはわかりませんが、加速フィールは大きく違うなと感じます。

グワっとターボかかって一気に加速するのがFK

FKよりはNAのようにリニアに加速するのがFLといった感じ。

エンジン音はFKのがよく聞こえるなと感じましたが、聞こえる音がいいのはFLです。サウンド作ってそうです。

静寂性

遮音性はFLの方が上です。窓閉めちゃえばアコード並みです笑 アコード舐めてますね🤣

ちなみに筆者は静寂性の高すぎる車だと眠くなってしまうタイプなので、高級車に向かない人間でした、、、

足回りの硬さ

足はFKのが硬めに感じました。FLはしなやかさがあります。

フロントはストラット、リアはマルチリンクと方式はFKと差はありません。

低速でのフィール

FLは低ギア時のカクツキが減り、よりスムーズになりました。

ちなみにGRスープラ(SZ)はひどいもんでした笑

スープラは根っからの高速走行向けの車ですかね。

まとめ

新型シビックハッチバック(FL1)の試乗インプレを記載しました。

内外装はFK7と大きく違いますが、走行フィールはそれぞれ似たり寄ったりですね。

どちらのシビックもドライバーの要望にしっかり応え、パワフルに走ってくれます。

さらに積載能力は異常値です。高さはヴェゼルですが、長さはシビックなのでサーフボードやスノボも余裕で乗ります。

燃費は特筆しませんでしたが、それなりにちゃんと走れば18km/L程度はいくでしょう。

エンジン容量は1.5Lなので維持費もお得です。

シビックは走攻守揃ったバランスの良い車でしょう。

FK7かFL1か迷っている方へ

個人的な意見ですが、

内装が豪華、最新の車、大人し目の車が好きな人はFLシビック

ガンダム、センター出しマフラー、バリバリ走れればカンケーない!!って人はFKシビックがいいのではないでしょうか!!!

この記事を書いた人
Tatsuki

車とホームシアターとカメラが好きな20代。
国立大学院卒物理学修士取得。知識をフルに使い原理レベルで解説する記事を書いています。
最近カメラに手を出してしまい金欠具合が加速。
自分の好きなことを中心にレビューなど情報発信しています。
レビュー記事執筆依頼、相互リンクなど承りますのでお気軽に連絡ください。

Tatsukiをフォローする
Car Custom

にほんブログ村に参加しております
にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

Tatsukiをフォローする

コメント